現在のトナー市場を分析
プリンターに使用するトナーに関しては、何かと物議を醸していることはご存知だろう。純正品か、輸入順製品か、それともリサイクルトナーか、といった具合に選択肢が多い。そうした流れは確実に業界バランスに大きな影響をもたらし、同時に新しい模索を企業にも提示するところまで来ている。ここではそんなプリンターのトナー・インク事情を考察していきます。

輸入純正品について

トナーの中でも異色な存在

純正品かリサイクル品か、そのどちらで迷っている人もいるでしょう。またリサイクル品の中にはメーカーが作ったものか、それともノーブランドで生産されたものか、といったように色々な区分に分けられます。トナーといえど種類が沢山あってどれにすれば安心して利用できるのか、といった話になればやはり純正品だろうと言う結論に至る人もいる。最近のリサイクルトナーを販売している企業、その品質と購入後の手厚い保障なども相まって純正品に負けないクオリティを提供しているところもあります。

そうした中でとりわけ注目を集めているトナーがあります、それは『輸入純正品』と言われているものだ。どんなトナーなのかというと、日本のメーカーが海外の人々向けに生産したプリンターに対応したトナーなどを販売しているものを逆輸入したものを指している。こうして文章として興してみるとそんなものを使用して問題ないのだろうか、なんて心配が浮かぶ人もいるかもしれません。それも一概に言えるでしょう、輸入した商品の使用となったら色々と取り決めがなされているのではないか、なんて問題に出くわす可能性は十分考えられるからだ。

ただそうした面は基本的に心配する必要はない、そう言い切られています。どうしてかといえば、国内生産の純正品よりも逆輸入した輸入純正品を愛用しているところも結構多いからです。

プリンター使ってますか?

法的な面で

輸入、というと何やら大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、使用する分には何の問題もありません。一般家庭での使用は勿論、一般企業や官公庁などでも積極的に導入・利用されているというのだ。ただ取引上の成約のみになるが、国内正規純正品以外のトナーを使用禁止と明記されている場合もあるなど、多少なりとも縛りは存在している。

普通に使う分には何か問題があるわけではない、ただ一部では使う際に形状が異なるなどの問題があったりするため、加工して販売するなどの取り組みが行われている。1つ確かなことは、国内純正品と変わらぬメーカークオリティがあるので、安心して利用できるというメリットもあります。

値段的な面で

その他にも海外で販売されているものであるため、国内純正品と比べると多少なりとも安く購入出来るというメリットもある。価格差がやはり生じるせいもあって、その点を含めての販売となっているものの、リサイクルトナーと比べたら安さは断然後者が上だ。輸入純正品はあくまで国内純正品よりも安いというだけで、リサイクルされたものよりも安かったりしたら色々な意味で危なく見えてしまいます。

どのくらいの値段かといえば、国内純正品よりも1割か2割程度、といったところだ。それだけかと思う人もいれば、年間の購入回数のことを考えると純正品よりも断然安くなると発想の転換をするのもありかもしれません。

保障に注意しよう

純正品よりも少し安い純正品なら安心して使える、そう思って購入しようと思ってもいいかもしれません。ですがここで気をつけて欲しいのが、購入したトナーによっては保障が何一つ受けられなくなるかもしれない、といったリスクが発生する可能性があるからだ。こちらも一概に言えたものではありませんが、購入時の契約書などをよく呼んで、製品に対する保障などがどうなっているのかを確認しておきたいところでもある。

分かるならメーカーに直接問い合わせてみるなどしてみるのもいいかもしれません。ただこちらもきちんと応えてくれるというわけではないので、保障面が気になる際には購入前に販売店で訪ねてみるといいかもしれません。

トナーを探してるあなたへ

人気も高い

リサイクルトナーの使用に躊躇っている人がいるなら、輸入純正品などと言ったものがあるならこちらを使用したほうがいい、という結論に達するかも知れません。それもまた一つの選択肢ですが、必ず購入できる保障もありません。いくら需要が上がっているとはいえ、リサイクル品よりも純正品のほうが安心できると答える人はやはり多いのだ。ただ人気がありすぎて買おうと思ったら品切れていた、なんてケースも結構な頻度で起こっています。

買いたい時に買える、いつでも在庫があるというようなお店が存在するわけではないので、何かとリスク的な面が生じる可能性もあったりする。リサイクルトナーの品質や保障もいいけど、色合いなどの問題を気にしないで使えるなら断然純正品がいい、そう思うのが普通かも知れません。トナーも様々な種類が販売されるようになっているので、どれにするべきかと悩むのも恒例行事になってきているようだ。