現在のトナー市場を分析
プリンターに使用するトナーに関しては、何かと物議を醸していることはご存知だろう。純正品か、輸入順製品か、それともリサイクルトナーか、といった具合に選択肢が多い。そうした流れは確実に業界バランスに大きな影響をもたらし、同時に新しい模索を企業にも提示するところまで来ている。ここではそんなプリンターのトナー・インク事情を考察していきます。

リサイクルトナーにするにしても

保障があるだけで印象も違ってくる

リサイクルトナーも最近までこのような基準の下で生産されていたわけではありませんでした。それこそただ便利だから、純正品よりも圧倒的に安くてコストが削減できるから、なんて単純すぎる理由で選ばれていたのかもしれません。それこそトラブルが発生する確率が低いこともあって、杞憂だといったように捉えられていたのかもしれません。ですがそうなるとトラブルに遭遇した人があまりに不憫すぎるのは言うまでもない、良いと勧められて使用したらプリンターが壊れた。壊れてもメーカーは直してくれず、責任も自分で買ったんだから自分で負うべき、などとなってはやりきれない気持ちに苛まれてしまうでしょう。

今でこそこうした基準の設定が当たり前のように行われていますが、それもつい最近のことだ。無法状態のまま市場が開拓され、その中で僅かながらの犠牲となってしまった人ほど安易な話に乗らないほうが良いと思ったケースもないでしょう。良い話には裏がある、わかっていても止められないと言えるだけの魅力があるのも理解した上で見ても、中々シュールな話だ。

保障があれば嬉しいのは言うまでもありません、ですがそんな保障があることを承知しているか否かでまた印象も変わってくる。そもそも購入時にそこまで見ていないかも知れません、というより見ないのが普通では無いだろうか。何かと口コミで商品を評価している人もいますが、実際に見て見ないとわからないものもある。リサイクルトナーの購入に関して言うなら、背景がしっかりしていることが購入の前提でしょう。

プリンター使ってますか?

購入したくなるリサイクルトナー

リサイクルトナーの購入がどうしてここまで進んでいるのかというと、主な利点としては現在までに3つ挙げられます。

リサイクルトナー購入の理由

  • 1.購入費用が圧倒的に安い
  • 2.品質が純正品と変わらない
  • 3.保障が充実している

安定した人気といえば

リサイクルトナーを購入している人のケース、というのはやはりしっかりとした裏付けが取れていることが一番の前提となります。値段にしても品質にしても、そして保障にしてもだ。この3つのどれかが欠けてもダメですし、どれか1つでも充実しているだけでもかなり際どいところだ。

ただ安ければ購入理由として十分だ、なんてそんなのはあまりに一昔前過ぎる思考でしょう。今ではリサイクル品だろうと品質が良くなければ買わない、これが現代の中古に対する扱い方だ。

買いたくなくなるパターンといえば

では逆にネガティブ過ぎる方向でリサイクルトナーを考えてみる。

例えばリサイクルトナーの市場における相場から見て、恐ろしいほど安いと感じる値段で取引されているトナーがあったとしよう。それこそ純正品はおろか、リサイクルトナーの中でも格段に安く手に入るとなったらちょっとだけ目を輝かせる人もいるかもしれません。ですがよく見てみると、メーカー名や生産された国などを確認して、見たことも聞いたこともない国のものだったらとなったら、購入する勇気が試されます。果敢にも試す、というよりは面白半分で買ってみたという人もいるかもしれませんが、何処ぞとも知れない、保障などが何もない企業の商品ほど購入するという選択肢に行きにくいはないはずだ。

裏付けもなければ信頼できる要素など皆無、となれば購入という選択肢が浮かぶこともありません。興味本位で怪しげな商品を買うことほど、怖いものもないだろう。

トナーを探してるあなたへ

セカンド用の携帯ならレンタル携帯でしっかりプライバシーを保護できます。

場合によっては

メーカーが販売している純正品と比べると多少リスク、物によっては多少どころでは済まない爆弾級の代物が売られていることもありますが、そこまで注意深くなることもない。そもそもそんな怪しげな商品を販売している場面に出くわすこともないでしょう。インターネットを使用しているとリサイクルトナーに関する販売情報を目にすることもあるでしょうが、あまりに露骨すぎるものには手を出さない方が良いのは言うまでもありません。

そうなるとSTMCやE&Qといった保障ライセンスが取れているメーカーの物を購入するように心がけたい。

また少し面白い話が、保障が充実している所によってはメーカー以上の対応をしてくれるところもあるというのだ。これはなんとも言えないところだが、購入するにあたっては企業が行っている保障欄についてもしっかり見ておくといいかもしれません。そうして比較してリサイクルトナーの中でもこのメーカーの物を購入すれば安全安心に利用できると確信が持てたりも出来ます。

リサイクルトナーに対する印象は10年前と比べると格段に上がってきている、それだけニーズに応えられるだけの製品を作らないと買ってくれないくらいに消費者の目がシビアになっている、その表れなのかもしれません。