現在のトナー市場を分析
プリンターに使用するトナーに関しては、何かと物議を醸していることはご存知だろう。純正品か、輸入順製品か、それともリサイクルトナーか、といった具合に選択肢が多い。そうした流れは確実に業界バランスに大きな影響をもたらし、同時に新しい模索を企業にも提示するところまで来ている。ここではそんなプリンターのトナー・インク事情を考察していきます。

リサイクルトナーが急上昇

愛される理由は

リサイクルトナーがここまで需要が膨らんでいる理由について、言うまでもないかもしれません。やはり決め手となるのは『コスト』という問題が大幅に減少することにある点だ。それというのも、純正品の販売されているものを購入するよりも天と地ほどの差があり、最大で90%近い値段で取引されているというのだ。安くて良いのならそれに越したことはない、そう思うのは人間として当然の心理でしょう。筆者としてもそんなおいしい話があるなら喜んで食いつきたいところだ。典型的なのは楽して大金を稼げると言われれば誰もが興味津々になるものです。ただ話を聞いてみると初期手数料として数万円かかると言われた瞬間に熱が冷めますが、その後もしつこい勧誘が続いて面倒な事になったりするのもご愛嬌というものだ。

リサイクルトナーとは面倒なのかと言われると、面倒な部分は本当に面倒だったりする。どうしてかというと、やはり純正品ではない分だけ、色々と覚悟して購入する必要があるからだ。良い話には裏があるというのは良くある話ですが、見落として安さに走ってしまうと後悔するパターンは非常に多いので用心が必要です。

需要が高まっている中で最も危惧すべきリサイクルトナーの側面とは何か、その点を少し考えてる。

プリンター使ってますか?

リサイクルトナーで気をつけたいこと

色が微妙に異なる

リサイクルトナーの危惧で言えるのは、モノクロとカラーの需要と供給のバランスから見ればすぐに理解できます。どんなことかというと、それは色が必ずしも純正と同じ色ではないというケースが非常に多いからだ。特にカラーともなると、微妙に色合いが異なるだけで求めていた印刷内容の色が違っているだけで、大分印象が違ってしまいます。もし会議などの大事な場で使用する資料なら尚の事、正しいカラーリングで印刷されているものでなくてはなりません。

それに対してモノクロがドンドン需要が増しているのには、色の問題がさほど意識する程ではないからという点だ。マゼンダなどの色などと違って、ブラックは多少なりともあせていても、きちんと印字していれば問題無いだろうと妥協する人も出てきます。リサイクルトナーでカラーのものがあまり需要が増えない理由にはこうした問題が一番関わってきている。

不具合が起こる確率

色合いの問題もさることながら、純正品を使用しないでリサイクルトナーを使用すると出てくるのが、不具合という点だ。ケースとして考えると、最悪プリンターそのものが故障するかもしれない、そんなリスクも内包しているのです。安さを求めすぎたあまりに高すぎる代償を支払うことになった、なんて全く笑えない状況だ。数千円の削除にこだわりすぎて修理代何万というコストが出ては本末転倒も良いところです。

品質的なものも向上する傾向にありますが、やはり完全に不具合を除去できるかと言われればそれが出来たらメーカーという後ろ盾そのものが消滅してしまう。そのため、リサイクルトナーを使用する場合には不具合がもしかしたら起こるかもしれない、それも了承しておかないと行けないことなのです。

知らない人も多い

リサイクルトナーを使用することのデメリットについて話をするなど古いと感じる人もいると思います。ですが触れておかないといけない理由もある、というのもこうした点を全く見ないで使用していたら壊れたと、不良品だと叫び散らす人は絶対に出てくるからだ。

元々メーカーにしてみればリサイクル品の使用を禁ずるといった強制を働いているわけではありません。けれど使用するならその後の責任について、一切負わないという規約も大手企業は明記しているからだ。それを知らずにリサイクル品を使用していたなら、メーカーに保障を持ちかけても当たり前のように受け付けてくれることはありません。

純正品ではないものを使用して壊れたら保障に関して抗議されても受け付けない、悲しいですがこれが現実というものだ。

トナーを探してるあなたへ

41ミリタリーがG&G http://www.41military.com/をはじめ各種サバゲープレーヤーのグッズが他店よりも安くご提供できる秘密、Webでお教えします♪まずは当サイトをご確認ください!お得商品目白押しでお待ちしております。
弊社のようなゴルフレッスン状をご利用したことがない方は、まずゴルフ トライアルレッスンからご利用頂けます。 グローブだけご持参いただければ、誰でもご利用頂けます!

当たり前のことを知らない人が多すぎる

便利だからと勧めてくる人の言葉ほど恐ろしい物はないでしょう。何せ良いことしか言わず、リスクを全く話そうとしないからだ。良心から来ているのか、悪心からやってきているのか、そこは人によって異なりますが、一番たちが悪いのは前者だろう。良いことをしたと思っている人の言葉ほど悪意がない分だけ対処しづらいものだ。もしそんな状況に出くわしたら、なるべくやんわりと危ないことも説明しつつ、利用した代償にも気を配っておこう。

発生確率こそ低いが、その極小に当ってしまうほど悲しい当たりもないので、怖いと感じるなら使用しないことに越したことはないのです。